歯科医の選び方


歯11

歯科を選ぶ際には通ってみないとわからないこともありますが、事前にリサーチすることで良い歯科に巡り会える可能性は高まります。まずは通う前に外観やホームページの確認をすることから始めましょう。清掃が行き届いているか、患者の数はどのくらいなのかの他、治療方針や医院長の情報、治療費の情報の他、診察の実績についてもきちんと書かれているかを事前に確認しておくことが大切です。

次に治療の内容や症状によって通うべき歯科が異なります。ホームページを確認する際に、自分の症状に合った治療がされているのかを確認することができます。歯茎の出血や腫れがあるときは歯周病の可能性が高いです。歯周病の治療の場合には、歯周病学会に加入しているかを確認すること、家庭でのケアについての指導もされているかを確認すると良い医師と出会える確率が高まります。

親知らずの場合には、生え方や場所、状況によって治療が受けられないこともあります。口腔外科であれば外科的な処置を専門に治療をしてもらうことができるので真っ直ぐに生えてこなかった場合でも処置をしてもらうことができることが多いです。

他にも小児歯科やホワイトニング、矯正治療など専門治療を行っている歯科は増えていますから事前に希望の治療をしてくれる医院を探してみましょう。

『審美歯科とその他の歯科との違いについて』